ディーラーオブザイヤー:
販売台数、顧客満足度等を総合的に達成された優秀な販売店に送られる賞です。

セールスアワード:
年間の販売台数が優秀な販売店に送られる賞です。

ディーラーオブザイヤー セールスアワード

スタッフブログ

限定車 GIULIA ESTREMA サービススタッフ目線から

カテゴリー ディーラー限定車
スタッフ 矢吹 祥之 / ヤブキ ヨシユキ   [サービスマネージャー]
[2022/07/16]
サービスマネージャー 矢吹 祥之
皆さま、こんばんは!
本日はサービススタッフ目線から、限定車エストレマの紹介をさせていただきます。

まずはこちらのカーボンドアミラーカバー。実はディーラーオプションでもご用意しております。もともと装着されているボディ同色のドアミラーカバーをこちらに交換します。

近頃は本物のドライカーボンでも、アマゾンなどで低価格で入手可能となりましたが、社外品だとどうしても大量生産で製造コストを下げるために、粗悪な砂型的なものを何度も使いまわします。そのため、個体にばらつきが生じて、チリが合わなかったり、最悪の場合は装着できず、脱落することもあります。

雰囲気を安価に楽しみたいということであれば割り切って社外品というお考えには賛成ですが、やはりアルファ ロメオ純正で用意されているカーボン素材はクオリティが高いです。社外品と比べると、カーボン目が細かく、湾曲する部分もきれいに成形されています。交換した際のフィッティングも抜群で後付感がなくクオリティが高いです。

ジュリアのオプションでも用意されておりますが、後付けしますと、
■部品代・・・¥118,580
■工賃・・・・¥ 8,250
■合計・・・・¥126,830
とても高価なオプションですが、このエストレマには最初から装着されています。
続いて、カーボンインサートグリル。こちらもディーラーオプションとしてご用意しております。

最近はジュリアでもアフターパーツが豊富になってきていて、トライローブに被せるかたちのパーツが流通しています。
社外パーツのカーボン調であれば1万円を切る価格で手に入ります。

手軽にカスタマイズできるのですが、やはりアルファ ロメオはエクステリアの美しさにもこだわります。純正トライローブに被せずに、同じかたちで成形したドライカーボンを丸ごと交換します。

気になるお値段は、
■部品代・・・¥82,280
■工賃・・・・¥24,750
■合計・・・・¥107,030
やはり、ブルジョア的価格です。
工賃が高いのはバンパーを外して、内側からビス止めするため時間を要するためです。
そして、カーボンインパネトリムとカーボンセンターパネル。細かい箇所はドアノブ回りにもあしらってあります。

上記の2つをはるかに超える部品代です。過去にこの部分を交換した実績はありませんが、仮に交換するとなると、工賃だけでも天文学的金額となります。

こちらは基本的にディーラーオプションとしてご用意はしておりません。この内装ご希望の場合、エストレマもしくはクワドリフォリオをご購入いただくしかありません。
最後にこのツインルーフ。フロント側は写真のように開閉可能です。リア側は、はめ込みのガラスルーフになっています。

イタリアではメーカーオプションして設定されているようですが、日本では通常ラインナップで購入不可の仕様となります。
つまり限定車がサンルーフ仕様として出た時のみ、サンルーフ仕様に乗れないのです。もちろん試乗車もございません。

一般的にサンルーフ仕様にすると日本車でも10万円以上いたしますので、輸入車価格で勘案すると20万円ほどでしょうか。

開口状態で室内から見る写真です。
後部座席から写真を撮っています。後部座席に座る方も解放感がありますね。


内装のカーボントリムを除外しても、合計44万円ほどとなります。
それに加えて「アルファアクティブサスペンション」とクワドリフォリオと同様の、高価な電子制御サスペンションが装着されますので、
ヴェローチェとの価格差、57万円(メタリックカラー代金を加味)をはるかに凌駕する驚きのお得プライスです。

2リッターターボで、クワドリフォリオの足回りを楽しみたい方、サンルーフモデルを待ち望んでいらっしゃる方、カーボントリムにあこがれを抱いている方、買いです!

そして現在ジュリアにお乗りのお客様、営業さんが査定を頑張ってくれる筈?です(笑)
 前へ | スタッフブログ一覧へ | 次へ 
ページ上部に戻るページ上部に戻る
2022年08月(2件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

限定車 GIULIA ESTREMA サービススタッフ目線から

カテゴリー ディーラー限定車
スタッフ 矢吹 祥之 / ヤブキ ヨシユキ   [サービスマネージャー]
[2022/07/16]
サービスマネージャー 矢吹 祥之
皆さま、こんばんは!
本日はサービススタッフ目線から、限定車エストレマの紹介をさせていただきます。

まずはこちらのカーボンドアミラーカバー。実はディーラーオプションでもご用意しております。もともと装着されているボディ同色のドアミラーカバーをこちらに交換します。

近頃は本物のドライカーボンでも、アマゾンなどで低価格で入手可能となりましたが、社外品だとどうしても大量生産で製造コストを下げるために、粗悪な砂型的なものを何度も使いまわします。そのため、個体にばらつきが生じて、チリが合わなかったり、最悪の場合は装着できず、脱落することもあります。

雰囲気を安価に楽しみたいということであれば割り切って社外品というお考えには賛成ですが、やはりアルファ ロメオ純正で用意されているカーボン素材はクオリティが高いです。社外品と比べると、カーボン目が細かく、湾曲する部分もきれいに成形されています。交換した際のフィッティングも抜群で後付感がなくクオリティが高いです。

ジュリアのオプションでも用意されておりますが、後付けしますと、
■部品代・・・¥118,580
■工賃・・・・¥ 8,250
■合計・・・・¥126,830
とても高価なオプションですが、このエストレマには最初から装着されています。
続いて、カーボンインサートグリル。こちらもディーラーオプションとしてご用意しております。

最近はジュリアでもアフターパーツが豊富になってきていて、トライローブに被せるかたちのパーツが流通しています。
社外パーツのカーボン調であれば1万円を切る価格で手に入ります。

手軽にカスタマイズできるのですが、やはりアルファ ロメオはエクステリアの美しさにもこだわります。純正トライローブに被せずに、同じかたちで成形したドライカーボンを丸ごと交換します。

気になるお値段は、
■部品代・・・¥82,280
■工賃・・・・¥24,750
■合計・・・・¥107,030
やはり、ブルジョア的価格です。
工賃が高いのはバンパーを外して、内側からビス止めするため時間を要するためです。
そして、カーボンインパネトリムとカーボンセンターパネル。細かい箇所はドアノブ回りにもあしらってあります。

上記の2つをはるかに超える部品代です。過去にこの部分を交換した実績はありませんが、仮に交換するとなると、工賃だけでも天文学的金額となります。

こちらは基本的にディーラーオプションとしてご用意はしておりません。この内装ご希望の場合、エストレマもしくはクワドリフォリオをご購入いただくしかありません。
最後にこのツインルーフ。フロント側は写真のように開閉可能です。リア側は、はめ込みのガラスルーフになっています。

イタリアではメーカーオプションして設定されているようですが、日本では通常ラインナップで購入不可の仕様となります。
つまり限定車がサンルーフ仕様として出た時のみ、サンルーフ仕様に乗れないのです。もちろん試乗車もございません。

一般的にサンルーフ仕様にすると日本車でも10万円以上いたしますので、輸入車価格で勘案すると20万円ほどでしょうか。

開口状態で室内から見る写真です。
後部座席から写真を撮っています。後部座席に座る方も解放感がありますね。


内装のカーボントリムを除外しても、合計44万円ほどとなります。
それに加えて「アルファアクティブサスペンション」とクワドリフォリオと同様の、高価な電子制御サスペンションが装着されますので、
ヴェローチェとの価格差、57万円(メタリックカラー代金を加味)をはるかに凌駕する驚きのお得プライスです。

2リッターターボで、クワドリフォリオの足回りを楽しみたい方、サンルーフモデルを待ち望んでいらっしゃる方、カーボントリムにあこがれを抱いている方、買いです!

そして現在ジュリアにお乗りのお客様、営業さんが査定を頑張ってくれる筈?です(笑)
月別表示
カテゴリー別表示
スタッフ別表示
ページ上部に戻るページ上部に戻る